娘は着物が気に入って着物学院に通っていました

一般的というか世界的にも日本の着物というのは外国人から見たら、女にしろ男にしろ美しいと言われているようです。 特に、女性は着物姿は優雅でお淑やかでよく似合いです。 見た目が一寸不細工な女性でも美しく奇麗で、清楚に見えます。 もっとも着物は日本の文化ですものね。 各国の方が集まる正式の席上では、女性の正装としても着物が常時選ばれております。 ところで、男性の方はどうしたのでしょうね、お相撲取りの方以外は、トンと見当たらなくなりましたが・・?。
我が家では、先般、娘に成人式の日に着物を着せたのですが、其の日は生憎天気が悪く、帰り際には崩れてしまって「半べそ」になっていました。 そんなことが有って、娘が仕事帰りに着物の専門学校(○○きもの学院)へ通うと言い出したのです。 私は、是非にと勧めて学費の一部を出してやりましたが、結構、真面目に通っているようです。
通学している学院はわりと内容が濃いようで、週1回の授業でしたが、時にはお偉いさんの講義や年に何回か講堂を借り切って大規模な授業などもあったようです。 当然ながら、専門学校ですから着付けの専門的な試験もあります。
学院では、着付けの他にも季節に合った着物や場所や会合の種類によって着物の選び方やその他、織物や染物、それに日本の着物の歴史なども学んでいるようです。 又、月に一度くらいの授業では、日本の文化や着物に精通している方を招いて、とても貴重なお話を伺うこともありました。
よくあることで、他の学校や学院では、場合によっては着物を買わされる場合があるようですが、娘の通っている学院は其のようなことは全く無いようですし、娘は着物の着付け等を習得したら、何れは小さな美容院をやるとか言っております。 先が楽しみですね。